四日市市は9月14日、市内で10歳未満から60代の男女16人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。市内の感染者は延べ3642人、県内では1万4178人となった。

 発表によると、8日から14日までの1週間に確認された陽性者は167人で、前週(1日から7日、計311人)と比較した増加率は54%、人口10万人当たりの陽性者は53・9人となっている。

 市内の医療機関に勤務する60代女性(医療従事者)は、職場関係で12人の接触者が確認されているが、うち10人は検査で陰性が確認されている。50代男性と40代女性、10歳未満男児の3人は、陽性者の同居家族だった。