三重県伊賀市は9月3日、延期になっていた新型コロナウイルスワクチンの集団接種を同月26日(2回目=10月17日)と10月2日(2回目=同月23日)の土日に実施すると発表した。予約開始は9月13日午前8時30分からで、電話とインターネットで受け付ける。

 定員は両日とも480人(計960人)。時間は午前10時から正午と、午後2時から同4時で、会場は同市四十九町の市役所本庁舎1階ロビー。市内にある医療機関の医師が接種を担当し、ファイザー製ワクチンを使用する。

 対象は同市に住民票がある16歳以上で、来年3月中に16歳になる人も含まれるが、保護者の同伴が条件。市外に住民票がある人は、事前に住所地外接種を届け出る必要がある。

 予約方法は、電話が市新型コロナワクチン専用コールセンター(0120・849・064=月曜から土曜午前8時30分から午後5時)、耳が不自由な人はファクス(0595・22・9694)で受け付ける。インターネットは市ワクチン接種ウェブ予約サイト(https://jump.mrso.jp/242161)で、市のLINE公式アカウントからもアクセスできる。

 9月26日の午後は、通訳が必要な外国人住民の先行予約枠も設ける。定員は480人のうち120人分。対応言語は英語と中国語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語。先行予約は6日午前8時30分からネットまたは市コールセンター(ポルトガル語0120・257・863、スペイン語0120・257・864=いずれも月水土のみ)で受け付ける。締め切りは12日で、電話は11日午後5時。

 問い合わせは同コールセンター(0120・849・064)へ。