福祉の現場で介護職員などをサポートする「介護補助員」の講習が三重県名張市で9月13日から、計5日の日程で開かれる。受講無料。

 講習では、介護に関する初歩的な内容を座学や実技で学ぶことができ、課程を終えると修了証書が交付される。

 日程は、市総合福祉センターふれあい(丸之内)での座学が9月13、21、30、10月7日、名張地区の介護事業所での実技が同月11日。いずれも午前10時から午後4時までで、定員15人(要事前申し込み、先着順)。

 主催する県介護労働安定センター三重支所の担当者は「介護に興味のある方は、気軽に受講してほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは同支所(059・225・5623)まで。

2021年8月28日付802号21面から