交通課長 冨井和哉

 本年7月末現在、伊賀署管内の交通事故は、暫定で総事故件数1318件(前年同期比14件減)、物件事故1236件(同38件減)、死亡事故2件(同1件減)と減少傾向にあります。しかし、人身事故については、82件(同24件増)と大きく増加しています。

 人身事故の発生状況を分析すると、管内発生の人身事故のうち、約6割が追突や交差点での出会い頭事故であり、前年よりもこれらの発生件数が増加傾向にあります。

 そのため、車を運転するときは▼考え事やわき見をせず、しっかり前を見て運転する▼スマートフォンなどを使用しない▼車間距離を十分取る▼速度を出しすぎない、などに注意してください。

 また、時間に余裕を持ち、思いやりやゆずり合いの気持ちを持って、安全運転に努めてください。


秋の全国交通安全運動

 9月21日(火)から30日(木)までの10日間、「秋の全国交通安全運動」が実施されます。運動の重点は▼子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全確保▼夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者らの保護など安全運転意識の向上▼自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底▼飲酒運転などの悪質・危険な運転の根絶、となっています。

 皆さん一人ひとりが交通ルールの遵守と正しいマナーを実践し、「交通事故に遭わない、起こさない」という強い意識を持って、交通事故防止に努めて頂きますようお願いします。

2021年8月28日付802号21面から