三重県名張市教育委員会は8月24日、9月1日に始業式を迎える市立小中学校の2学期について、現時点では変更なく予定通りとする方針を示した。

 この日の記者会見で西山嘉一教育長は「学びを止めない。子どもたちが安全安心で学校に来るということを、まず第一に考えていかなければならない」と述べ、学校での新型コロナウイルス感染防止に努める一方、今のところは給食中止など対応の予定はないとした。

 遠隔授業については準備を進め、修学旅行などの見直しについてはこれから検討するという。