三重県の上野商工会議所と伊賀市商工会は8月20日、新型コロナウイルスワクチンの接種促進と地域経済の再生を図るため、9月18日から10月10日の土日の計8日間に上野フレックスホテル2階ホール(伊賀市平野中川原)で職域接種を実施すると発表した。

 時間は午前10時から正午と、午後2時から同5時で、2回目は4週間後の10月16日から11月7日。満18歳以上で国内の住民登録がある会員事業所の経営者と従業員が対象。雇用形態や国籍は問わないが、家族は含まれない。

 担当の医療従事者は市内の医師と看護師で、規模は4200人(8400回分)、1日当たり525人を予定。ワクチンはモデルナ社製を使用する。

 案内文書は両団体から加入する約2100事業所に20日付で郵送。希望する事業所は添付の名簿に必要事項を記入し、ファクス(0595・24・3857)か電子メール(info@iga-ueno.or.jp)で申し込む。8月31日締め切り。希望者名簿は商議所ホームページからもダウンロードできる。

 希望者が多数の場合は各事業所の名簿順に一定率で制限し、商議所から改めて確定した日程などの連絡がある。

 問い合わせは同商議所(0595・21・0527)へ。