9月開幕の三重とこわか国体について、名張市実行委員会は8月6日、市内で開催予定の正式競技のうち、弓道とホッケーを無観客で開催すると発表した。

 市実行委によると、感染拡大の状況を受けて競技団体と協議し、無観客の方針について県実行委に申請したところ、認められた。代替措置として、予選から決勝までの全試合が専用ウェブサイト「国体チャンネル」で配信される。

 軟式野球と公開競技の綱引きについては、競技団体などと検討中という。