【作品を紹介する川さん=伊賀市平野城北町で】

時間忘れ没頭 イベントにも出店

 ビーズアクセサリーを自作し、インターネットを通じて紹介している三重県伊賀市平野城北町の会社員、川貴子さん(42)は「貝殻やプルメリアの花のように南の島を感じさせるもの」が好きで、「Islander handmade(アイランダーハンドメイド)」の屋号でイベントなどに出店している。

 昨年、受験を控えた長男が食卓で勉強に励んでいるのを励ましながらそばで見ていた時、「この時間で私も何かできないか」と考え、自身が高校生のころに好きだったビーズ作品を思い出した。年末からは本格的にアクセサリーなどを作るようになった。

 パーツの色や形の組み合わせでパターンは幾多もあり、背景にはインド綿の布を付けて夏らしさを演出。ピアス、イヤリング、マクラメ小物など、現在では50作品ほどを作っている。画像投稿サイト「インスタグラム」などで他の作家の作品も参考にするが、基本的には「下描き無しに、自分で探り探り作っていく」そうだ。

 「根を詰めると肩は凝るけれど、楽しくて没頭すると時間を忘れてしまう」と話す川さんは、8月1日にプラント伊賀店(同市ゆめが丘1)駐車場で開かれるマルシェ型イベントに出店する予定。インスタグラム(@islander_handmade_)では作品を紹介している。

 問い合わせは川さん(090・3258・1843)まで。