【レクスポフェアへの参加を呼び掛ける事務局の南田さん】

 「スポーツの日」の7月23日、三重県名張市夏見の中央公園内を会場に「名張市レクスポフェア2021 来てだあこ!」が開かれる。同市スポーツレクリエーション協会の主催。

 当日は午前9時30分から三重とこわか国体(9月25日から10月5日まで)の炬火・採火・集火式の後、同10時から午後3時までさまざまな種目が各施設で開催される。

 ソフトバレーボール、ファミリーバドミントン、クロリティ、パターポケット、ラダーゲッター、バッゴー、デッキスティック・ゲームがマツヤマSSKアリーナで、ペタンクは芝生広場で、そしてターゲット・バードゴルフは専用コースで行われる。参加は無料。スタンプラリーによる賞品(子ども優先)もある。

 メイハンフィールドで競技形式として開かれるグラウンドゴルフは、同市グラウンドゴルフ協会の会員と一般参加の計約200人が、8ホール・4ラウンドを競う。

 参加者はマスク着用の上、屋内競技に参加する場合は屋内シューズを持参する。大会事務局の南田耕一さんは「この機会に多くの種目を体験して、自分に合う生涯スポーツを見つけてほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは南田さん(090・8420・3304)へ。

2021年7月10日付799号8面から