【展示作品について語る(左から)小島さん、谷本さん、新さん=伊賀市三田で】

 三重県伊賀市を拠点に、大阪や東京、国外でも活躍する伊賀焼陶芸家の新学さん(48)、小島陽介さん(45)、谷本貴さん(42)の3人による展示会「伊賀三人展」が同市上野丸之内のギャラリー是空で開かれる。入場無料。

 展示会は2部構成。第1部では7月11日まで、花器やオブジェなど思い思いの作品計20点ほどが並ぶ。第2部では、日常で使用される皿や酒器など計約70点を展示、期間は17日から25日まで。

 同市長田に「三軒窯」を構える新さんは、「伝統を踏まえて新たな造形を追求する」との創作理念で作り上げた花器などを出品予定。伝統を重んじてスタンダードな作品を手掛ける小島さんは、「自分で掘ったこだわりの土」で茶碗などを手掛けた。同三田で「三田窯」を営む谷本さんは、大きいもので高さ約70センチのオブジェなど独創的な造形作品を中心に展示する。

 3人は「作り手が変われば、手法も変わる。同じ伊賀焼でも作家によってさまざまな表現の違いを感じてほしい」と話していた。

 問い合わせは同ギャラリー(0595・21・8818)まで。

2021年7月10日付799号3面から