三重県伊賀市は7月5日、「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日)に先駆け、8月1日に県立ゆめドームうえので予定していたデモンストレーションスポーツ「キンボールスポーツ」の開催を中止すると発表した。

 大会には、中学生以上の「フレンドリーの部」に1チーム、小学4年から6年の「ジュニアの部」に11チームが参加予定だった。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、主管団体の県キンボールスポーツ連盟から中止したいとの申し入れがあり、三重とこわか国体伊賀市実行員会と協議し決定したという。

 同競技は4人1組の3チームが19メートル四方のコート内でサーブとレシーブを繰り返すニュースポーツで、直径122センチ、重さ約1キロのボールを使う。同市内を会場にしたデモンストレーションスポーツでは、6月20日に開催予定だった「伊賀流手裏剣打スポーツ」も中止を決定している。