【決勝ゴールを決めたくノ一FW三橋(左)=伊賀市で】

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は6月27日、本拠地の伊賀市小田町、上野運動公園競技場でNGUラブリッジ名古屋と対戦し、1-0で逃げ切って3連勝を飾った。

 今季11勝目で、順位は2位に勝ち点8差の首位。決勝点は後半5分、FW杉田亜未がMF鈴木千尋とFW西川明花とのパス交換から左サイドを突破し、最後はFW三橋明香がラストパスに滑り込んで右足で合わせた。

 守備ではDF宮迫たまみらが体を張って7試合ぶりに失点をゼロに抑えた。試合後、大嶽直人監督は「なかなか崩すのが難しかった。(ディフェンダーは)滑りやすいピッチだったが、うまくリスク管理をし、球際とこぼれ球の反応が良かった」と振り返った。

 くノ一の次節は7月3日にあり、横浜市の日産フィールド小机で大和シルフィードと対戦する。