三重県伊賀市は5月31日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、開始予定が7月17日で、予約の受け付けや16歳から64歳の市民を対象にした接種券の発送の時期などを発表した。

 市ワクチン接種推進課によると、集団接種の実施は医療機関が休診となる木曜と土曜の午後3時から同5時と、日曜の午前10時から正午、午後3時から同5時。専用コールセンターか、インターネットで予約を受け付ける。

 会場は▽伊賀市役所(四十九町)▽ハイトピア伊賀(上野丸之内)▽いがまち保健福祉センター(愛田)▽島ヶ原会館(島ヶ原)▽あやま文化センター(川合)▽大山田農村環境改善センター(平田)▽青山福祉センター(阿保)の7か所。当初予定していたゆめぽりすセンター(ゆめが丘1)は変更になった。企業内施設での接種も検討している。

 1日当たりの接種人数は336人から1008人を予定。予約は、個別接種を予約していない65歳以上が7月5日ごろから、64歳以下で基礎疾患のある市民(約8000人)が同月中旬以降、基礎疾患のない人が同下旬以降と、それぞれ開始日をずらして受け付ける。

 64歳以下の住民を対象にした接種券の発送は40歳から64歳(約2万7700人)が同月7日ごろ、16歳から39歳(約2万1300人)が同14日ごろと説明。集団接種は9月末までの実施日を設定するが、10月以降は個別接種の状況をみながら決める。

 また、今月25日に始まった65歳以上の個別接種は31日現在で約4000人が1回目を済ませ、約3万1000人のうち約86%(約2万6300人)の予約を受け付けたという。