日本サッカー協会は5月13日、U-19 日本女子代表候補のトレーニング合宿メンバー28人を発表した。なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重からはGKの竹下奏彩(18)=写真=が選ばれた。合宿は16日から5日間、福島県のJヴィレッジで実施される。

 兵庫県姫路市出身の竹下は身長が167センチで、U-17代表も経験。大商学園高を卒業した今春からくノ一に加入した。今月9日のスフィーダ世田谷FC戦は先発でフル出場し、リーグデビューを飾っている。

 竹下はクラブを通じ「コロナ禍の中で合宿に参加できることに感謝して、より多くのことを吸収し、更にレベルアップできるよう全力で頑張ってきます」とコメントした。