三重県亀山市から伊賀市にかけての名阪国道下り線・板屋インター‐下柘植インター間が、6月7日午前6時までの終日、リフレッシュ工事のため本線を1車線規制する。

 期間中は同区間とその前後で混雑が予想されることに加え、並行する国道25号の幅員が狭小なため、県内の名阪国道を管轄する北勢国道事務所では、周辺の国道1号や新名神高速道の利用も含めた広域迂回も呼び掛けている。

 また、6月1、2日は大内インター、3、4日は奈良県内の山添インターのいずれも上り入り口が、午後8時から翌午前5時まで閉鎖される。

 三重県内の名阪国道の道路状況は、同事務所ウェブサイト(https://www.cbr.mlit.go.jp/hokusei/)に掲載。同国道道路情報センターの音声案内(0595・82・3939、通話料要)も利用できる。

 問い合わせは同センター(0595・82・3937)へ。