四日市市は4月29日、市内に住む20代から80代の男女13人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者数は延べ699人、三重県内では同3675人となった。

 発表によると、50代の男性会社員は、クラスター(感染者集団)が発生したエイチワン亀山製作所の従業員で、最初に受けた検査では陰性だったが、発熱などの症状があり、2度目の検査で感染が確認された。このクラスターでは28日時点で58人の感染が確認されている。また、これまでに36人の感染が確認されるなどクラスターが発生した社会福祉法人「聖母の家」が管理する施設では、新たに30代の女性職員1人の感染が確認された。

 70代の男性は25日に発熱やせき、鼻汁、食欲不振などの症状が現れ、28日に医療機関で検体を採取し検査の結果、感染が確認された。男性は4月13、16、20、23、27日に市内の福祉施設を利用していた。市によると、男性が利用していたのは、四日市市社会福祉協議会が運営する指定通所介護事業所「ゆりかもめ」で、施設関係者28人が濃厚接触者にと特定されている。同事業所は施設を消毒し、当分の間は休所するという。