【今季通算5ゴール目を豪快なミドルシュートで決めたくノ一の杉田(左)=伊賀市で】

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は4月25日、伊賀市小田町の本拠地、上野運動公園競技場で大和シルフィードと対戦し、2-0で勝利した。開幕5連勝と無失点の記録を伸ばし、順位も12チーム中首位を維持した。

 くノ一は前半25分、MF杉田亜未とのパス交換からこの日が初先発だったFW沖野くれあの移籍後初ゴールで先制。同41分にはパスを受けた杉田がドリブルで1人かわした後、ペナルティーエリア左隅から豪快なミドルシュートを決めた。

 試合後、1得点1アシストの杉田は「練習を続けるなかで失点ゼロを目標に試合をしている。これからも達成できるようにしたい」と話した。

 次節の5月2日は兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場でASハリマアルビオンと対戦する。