四日市市は4月21日、市内に住む20代から80代の男女11人が新型コロナに感染していることが判明したと発表した。同市内の感染者は延べ551人、三重県内の感染者は延べ3237人となった。

 発表によると、50代のアルバイトの男性はクラスター(感染者集団)が発生した通所介護施設「大矢知福祉サービスセンター」の利用者で18日に感染が発表された80代男性の息子。濃厚接触者として検査を受け、感染が確認された。また、80代女性は同施設の感染が確認された別の80代男性の妻。19日に声のかすれや37度の微熱があったという。

 60代のパート従業員男性は19日に発表された50代会社員女性の夫で濃厚接触者として検査を受け感染が確認された。19日に38度3の発熱があったという。

 今日、同市から発表のあった11人のうち8人は感染経路が不明だという。