【ボールを4人でレシーブする様子(提供写真)】

 三重県内で9月25日から10月5日まで開かれる「三重とこわか国体」に先駆け、32のデモンストレーションスポーツが開催される。伊賀地域で予定されている3競技のうち「キンボールスポーツ」を紹介する。

キンボールスポーツ

 直径122センチ、重さ約1キロの大きくて軽いボールを使用し、4人1組の3チームがそれぞれ色違いのゼッケンを着けて19メートル四方のコート内でサーブとレシーブを繰り返すニュースポーツ。攻撃権を持つチームが守備チームをコール(指名)しながらサーブする。コールされた守備チームは、ボールを床に落とさないよう協力してレシーブする。レシーブに失敗すると、失敗したチーム以外の2チームに1点ずつ得点が加算。これの繰り返しで3チームが総得点を競う。

 三重県キンボールスポーツ連盟は、競技の普及を図るため年3回、近隣県を中心にオープン大会を開催。今回のデモンストレーションスポーツは8月1日、伊賀市ゆめが丘の「ゆめドームうえの」で開催される。競技は小学校高学年対象の「ジュニア」、中学生以上の初級者対象「フレンドリー(A)」、中学生以上の初心者対象「フレンドリー(B)」の3部門。

 募集は各部門15チーム(1チーム4から8人)まで。いずれの部門も男女混合可。参加負担金はジュニアが1チーム1500円、フレンドリー(A)(B)は1チーム3000円。

 同連盟の梅元渉理事長は「勝負の駆け引きも面白く、4人が協力しながら楽しめる」とキンボールの魅力を語る。

 申し込みは5月18日から6月17日まで。三重とこわか国体のホームページ(https://tokowaka.pref.mie.lg.jp/kokutai/)にある申込用紙に必要事項を記入し、「三重とこわか国体伊賀市実行委員会事務局」宛てに郵送(〒518ー1313伊賀市馬場1128の1)または持参、ファクス(0595・43・9102)、電子メール(kokutai@city.iga.lg.jp)で送る。

 問い合わせは同事務局(0595・43・9100)まで。

2021年4月10日付793号13面から