四日市市は4月12日、市内に住む10歳未満から60代の男女9人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。そのうち5人は、県内55事例目となった親族間の食事会のクラスター(感染者集団)の関連で、市内の感染者は延べ474人、県内では同3002人となった。

 このクラスター関連では、新たに30代女性、女子中学生、男子高校生、未就学男児、保育園に通う女児の5人の感染が確認された。女子中学生の通う学校では学校関係者32人、男子高校生の通う学校では40人が接触者に特定されているという。この食事会の感染者は12人となった。

 60代女性は、11日に感染が発表された70代男性の家族で、濃厚接触者として検査を受け、感染が確認された。20代男性は市内の専門学校生で、3日にせきとのどの痛みが出現。10日に市内医療機関で検体を採取し、検査の結果、感染が確認された。

 10代の男子大学生は県内の学校に通い、5日に関節筋肉痛が出現。10日に37度台の発熱やせきの症状があり、市内の医療機関で検体を採取し、検査の結果、感染が確認された。

 10代の女子大学生は名古屋市内の学校に通い、9日に38度の発熱があった。10日に市内の医療機関を受診し、感染が確認された。7日に親族と四日市市内で食事をし、8日は親族宅を訪問するなどしていて、家族5人と親族3人が濃厚接触者に特定されている。