三重県議会の小林貴虎議員(47)=津市選挙区=が公開質問状を送ってきた伊賀市に住む同性カップルの氏名と住所を無断で自身のブログに掲載したことについて、伊賀市の岡本栄市長は4月6日、小林県議の行為は「人権侵害に値し得るもの」だとし、抗議書を提出すると述べた。同市は2016年4月に同性パートナーシップ宣誓制度を制定している。

 同性カップルの2人は性的少数者が安心して暮らせるまちづくりを目指す同市に移住。今年3月、短文投稿サイト「ツイッター」に載せた小林県議の投稿が問題発言だとして公開質問状を送付していた。

 臨時会見を開いた岡本市長は「私は市民を守る立場だし、宣誓制度を推進した私の責任でもある。許されない行為だ」と話し、日沖正信議長にも抗議書を提出し、県議会の適切な対応を求めるとした。住所が写った画像は現在ブログから削除されている。

 県議会は先月、他人の性的指向や性自認を本人の同意なしに第三者に暴露する「アウティング」の禁止などを盛り込んだ条例案を可決。今月1日に施行していた。