【誕生したシンボルマークを眺める今坂さん(左端)と児童たち=名張市薦生で】

 三重県名張市の薦原地域づくり委員会と市立薦原小学校の連携事業で、同市鵜山のデザイナー、今坂友哉さん(27)と児童らが授業で一緒に考えた地域のシンボルマークが決まり、3月16日に同小でお披露目があった。

完成した薦原地域のシンボルマーク(薦原地域づくり委員会提供)

 マークを考える授業は昨年11月にあり、今坂さんらが指導。全校児童約100人が地域を連想する自然などのイメージを盛り込んで描いたさまざまな案を出し、今坂さんがアイデアを取り入れて一つの形にした。

 この日発表されたのは、上からピンク色の「桜」、青い4本線、「komohara」の8文字で構成。桜は多くの児童が出したアイデアで、人々のつながりを表すデザインを取り入れた。4本線は地域の「山」と「川」を表現。「k」の文字は、同地域で見られる市指定天然記念物「ギフチョウ」をモチーフにした。

 お披露目に立ち会った同委員会の古谷久人会長(70)は「たくさんのアイデアを、今坂さんが上手にまとめてくれた。地域の広報活動などで積極的に活用していきたい」と話し、児童代表であいさつした6年生の友定渉磨君(12)と福地洛朗君(12)は「この素敵なシンボルマークを見て、もっと自然を大切にしようと思う人が増えたら」と願った。