【サウナのイメージ(提供)】

 三重県産木材を使った移動式サウナを名張市内で製作し、地域巡回を目指す「つながるサウナ3・0プロジェクト」が発足した。会社員や大学生などでつくる実行委員会が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で支援を募っている。3月30日まで。

 県主催の交流事業「20代・30代の『みえ』のシャベリバ」の参加者間で、「県産木材で何か面白いことをしたい」「サウナで熱々になった体で冷たい川に飛び込んだら絶対に気持ち良いはず」などが話題に上ったことがきっかけで、有志によるプロジェクトが立ち上がった。

 製作を目指すのは、解体や持ち運びが可能なヒノキ材でつくるサウナ室で、大きさは3人ほどが一度に利用できる各辺約2メートルの箱型。クラウドファンディングの目標額は70万円で、1口3000円から10万円。寄付額に応じてオリジナルグッズや利用券などを贈る。製作は、4月から名張市瀬古口の工務店で取り掛かり、5月末に市内でお披露目会を開く予定。その後は県内各地のイベントなどに貸し出していくという。詳細はプロジェクトのホームページ(https://www.tsunagaru-sauna-santenzero.com/)まで。