新型コロナウイルス感染拡大が雇用にも影響を及ぼす中、全国労働組合総連合は、職場のさまざまな問題について電話相談を受ける「全国一斉労働相談ホットライン」を、3月2日午前10時から午後5時まで開設する。三重県の伊賀地域は伊賀名張地域一般労働組合(伊賀名張ユニオン)が対応する。

 同ユニオンによると、全国的に賃金の引き下げや残業代の未払いなどの相談が寄せられているといい、コロナ禍で負担が増大する医療従事者からは、長時間労働や「休みが取れない」といった内容の相談もあるという。

 相談は同ホットラインのフリーダイヤル(0120・378・060)、または同ユニオンの電話(0595・66・0500)へ。