三重県は2月24日、県内4市で計10人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。このうち7人は、クラスター(感染者集団)が発生した鳥羽市の特別養護老人ホームの入所者と介護士で、県内の感染者は延べ2496人となった。

 発表によると、鳥羽市の特老ホームで感染が確認されたのは、50代から100歳以上の入所者女性6人と、伊勢市在住の50代の女性介護士。いずれもクラスター発生時の検査で陰性だったものの、一定期間が経過した後に再度検査を受けたところ、陽性と判明した。このホームでの感染者は職員・入所者ら計33人となった。

 鈴鹿市の病院でのクラスターでは、入院患者の80代女性1人の感染を確認。既に検査で陰性だったが、22日になって症状が現れ、再度受けた検査で陽性が確認された。この病院での感染者は計93人となった。

 この他、鳥羽市では県内43例目のクラスターが発生した市内のデイサービス施設に入所する90代女性の同居家族で自営業の60代女性と、志摩市では陽性者の同居家族の70代男性も感染が確認された。

 また、24日から北勢、中勢伊賀で確保病床数が計11床増えて384床となり、24日午前9時時点の県内の病床使用率は35・2%となっている。