四日市市は2月3日、市内に住む10歳未満の未就学男児1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ311人、県内では同2233人となった。

 発表によると、男児は1月18日に感染が確認された30代男性の息子で、濃厚接触者として受けた1月19、21日の2度の検査では陰性だった。健康観察期間中の1月31日に鼻汁の症状が出現し、2月2日には39度の発熱があったため県内の医療機関で検査を受けた結果、陽性と確認された。

 現在は入院調整中で、1月18日以降は医療機関の受診以外は自宅で過ごしていたといい、家族4人と親族1人が接触者に特定されている。