生活や仕事、住まいなどに悩みのある生活困窮者を対象にした相談会が2月6日午前10時から午後3時まで、名張市元町のイオン名張店3階の福祉まちづくりセンターで開かれる。無料だが、事前予約が必要。

 同市社会福祉協議会や市などの共催。「収入が不安定で生活が苦しい」「働きたいが就労経験がなく不安」「解雇により家賃が払えない」といった悩みに、同市社協の自立相談支援員らが対応する。

 昨年までは住まいに関する相談を重点的に受け付ける内容だったが、今年は新型コロナウイルスによる不況の影響で減収などに関する相談が増えていることから、扱う内容を拡大した。コロナ禍による非正規雇用打ち切りなどの相談も受け付ける。

 時間を要する相談や来場できない人は、後日、訪問相談を利用することもできる。

 申し込み、問い合わせはなばり暮らしあんしんセンター(0595・64・1526=同市社協内)まで。