四日市市は1月29日、市内に住む男女4人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。同市の感染者は延べ302人、県内では同2133例目となった。

 発表によると、県内の製造業に勤務する30代の会社員男性は、27日にせきや鼻閉、味覚障害の症状があり、医療機関を受診。翌日に市内の別の医療機関で検査をし、陽性が確認された。家族5人が濃厚接触者に特定されている。

 市内の医療機関に勤務する30代の看護師女性は、25日に37度台の発熱、せき、咽頭痛の症状があり、市内の医療機関を受診。27日に咽頭痛は消失したが、味覚障害が出現。28日に再受診し、検査で陽性と確認された。四日市市保健所では家族6人を濃厚接触者に特定し、検査の結果、女性の中学生の娘に感染が確認され、学校関係56人、習い事関係10人が接触者として特定された。

 市外で美容関係のサービス業に勤務する20代の女性は、27日にたんや鼻汁、鼻閉、関節筋肉痛などの症状が出現。28日には37度の微熱や頭痛が出現し、市内の医療機関を受診。検査の結果、陽性と認された。家族や親族、友人らが濃厚接触者に特定されている。