四日市市は1月13日、市立四日市病院(同市芝田2)に勤務する30代の男性医師と市内在住の男子中学生の2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ249人、県内では同1613人となった。 同病院は入院、外来、救急を通常通り実施している。

 発表によると、男性医師は9日に鼻汁、10日夜に37度台の発熱や倦怠感が出現。11日には38度台の発熱やせき、たんの症状があり、12日に市内の医療機関で検体を採取。検査の結果、陽性が確認された。2日に名古屋市内の親族宅を訪問していたといい、濃厚接触者は家族2人。4日から10日は出勤し、職場関係者ら66人が接触者に特定されている。

 同病院では、部屋の消毒や、接触のあった入院・外来・救急業務に携わる職員、入院患者に抗原定量検査を実施し、陰性を確認。接触のあった外来患者や協力会社の社員にも検査を実施している。

 また、男子中学生は11日に38、39度台の発熱があり、倦怠感も出現。12日に市内の医療機関で検体を採取し、検査の結果、陽性と確認された。2、11日に県内の親族宅を訪問し、6日から8日は登校、4、5、9日には部活動に参加していた。家族3人と親族2人が濃厚接触者、部活動関係者8人が接触者に特定され、検査を受けている。