三重県は1月10日、伊賀市5人と名張市1人を含む10代未満から90代の男女43人(四日市市発表分5人含む)の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。1日当たりの感染者数は過去2番目の多さで、延べ人数は1563人となった。

 発表によると、43人の内訳は、伊勢市13人、鈴鹿市11人、伊賀、四日市市各5人、桑名、津、いなべ各2人、名張、志摩市、川越町各1人。うち32人が既に判明している感染者の接触者や濃厚接触者で、11人が感染経路調査中。

 伊賀市の5人のうち、20代自営業男性は8日に陽性が判明した市内の男性の同居家族。県外勤務の20代公務員女性は奈良県内感染者の濃厚接触者。40代会社員男性は7日に陽性が判明した名張市の男性と食事をしていた。20代と30代の会社員男性2人は詳しい感染経路が分かっていない。

 名張市の60代会社員男性は県外で勤務。同居と別居の家族3人の検査を進める。

 50代男性職員の感染が8日に確認されていた伊勢市内の介護施設設「認知症対応型共同生活介護事業所正邦苑城田」では、新たに80代と90代の入所者男女7人と50代女性職員2人の計9人の感染が判明。県は26事例目のクラスター(感染者集団)に認定した。

 桑名市の40代男性は開業の歯科医師。勤務先の接触者調査を進める。