三重県は1月9日、10代未満から90代の男女49人(四日市市発表分4人含む)の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。1日の感染者数は2日連続で過去最多を更新し、延べ人数は1520人となった。また、県は入院していた90代女性が8日に死亡したと発表した。死者は22人目。

 発表によると、49人の内訳は、桑名市14人、鈴鹿市7人、松阪市6人、津と四日市、伊勢各市がそれぞれ4人、亀山市と大紀町各2人、伊賀と志摩、いなべ各市と玉城町、東京都、県外がそれぞれ1人。このうち35人が既に判明している感染者の接触者や濃厚接触者で、14人が感染経路調査中。

 伊賀市の60代無職男性は7日からせきの症状があり、8日に陽性判明。濃厚接触者として同居家族2人が特定されている。

 14人が感染した桑名市では、7日に陽性が判明した30代会社員男性の同居家族6人も陽性となり全員が感染した。

 鈴鹿市の県立白子高校の部活で発生したクラスター(感染者集団)では、同市の男子高校生1人の感染が新たに判明した。このクラスターでの陽性者数は8人となった。

 大紀町の男子高校生は伊勢市の高校に通っており、同居家族7人と学校関係者2人が濃厚接触者として特定されている。他の生徒や教員などの接触者調査も進める。

※1月9日午後7時15分追記