伊賀市一之宮の敢國神社(太郎館学宮司)で1月3日、年に3回奉納される獅子神楽(県無形民俗文化財)の「舞初祭」があり、地元の保存会が舞を披露した。【保存会が披露する「剣の舞」の様子=伊賀市一之宮で】

 江戸初期に同神社を崇敬していた武将・藤堂高虎が年頭の祝儀として舞わせていたと伝わり、伊賀地域各地に伝わる獅子神楽の原型とも言われる。保存会では同日の舞初祭、4月17日の舞上祭、12月5日の例祭(おんまつり)で披露しているが、今年の舞初祭では7種類の舞のうち、感染防止のため「鼻高」「背つぎ」を取りやめることになった。

 この日は午後0時30分から始まり、「広前」「剣の舞」など4種類が披露された。参拝した人たちは厳かで勇壮な舞に見入っていた。