三重県は12月31日、名張市1人を含む20代から70代の男女18人(四日市市発表分1人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の延べ人数は1291人になった。また、入院中の80代男性患者が30日に死亡したと明らかにした。死者は18人目。重症者は前日より2人増え6人。

 内訳は津市6人、鈴鹿市4人、伊勢市3人、名張市と四日市市、桑名市、いなべ市、明和町が各1人。

 県によると、名張市の60代無職男性は呼吸困難で重症。20日から咳など、23日から発熱などの症状があった後、2か所の医療機関を受診。29日に受診した3か所目の医療機関で陽性が判明した。最初に受診した医療機関関係者4人を含む7人の検査を進める。

 鈴鹿市の20代女性教員は、運動部でクラスター(感染者集団)が発生した県立白子高の男性教員の同居家族で、亀山市の小学校に勤務。学校は冬休み期間中で、同僚の教員2人を含む4人の検査を進める。

 鈴鹿市の50代男性は県内の医療機関の非常勤医師。25日まで勤務していたが、接触状況などから、県は勤務先への感染の広がりは低いとみている。

 同居家族間で3人が感染した伊勢市の70代介護施設職員女性は、職場で直接介護に従事。同僚や入所者など38人を検査する。

 津市の70代福祉関係従事者男性は県内の事業所に勤務。職場関係者24人を検査する。

 県内の建設関係の会社に勤務するいなべ市の60代アルバイト男性は、呼吸困難で重症。

※12月31日午後6時35分追記