三重県は12月24日、県内3市町で計6人の新型コロナウイルス陽性が確認されたと発表した。このうち伊賀市では、クラスター(感染者集団)が確認された岡波総合病院に勤務する20代の医療従事者の男性と、同じくクラスターが発生した「介護老人保健施設伊賀ゆめが丘」に入所する90代男性の2人の感染が判明。同日の県内の感染者は四日市市発表分(5人)を含め11人で、延べ1187人となった。

 県などによると、同病院で陽性が判明した職員の男性は、クラスター発生を受けて8日と19日に受けた検査では陰性だったものの、22日夜に発熱などの症状が出始め、現在も38度台の発熱やせき、全身倦怠感などの症状があるという。濃厚接触者は職員2人と外来患者3人、接触者は職員6人。同病院での感染者は計31人となった。

 同施設で陽性が確認された入所者の男性は、クラスター発生に伴い13日と15日に受けた検査では陰性だったが、20日に発症し、現在も38度台の発熱が継続。接触者はいないとみられる。同施設での感染者は計17人となった。

 津市の三重大学では、21日に陽性が判明した20代男子学生の接触者・濃厚接触者だった20代の男子学生と女子学生各1人の陽性を確認。同大学では19日以降、津市、鈴鹿市在住の学生計7人が陽性となっているが、感染者が複数の学部に及んでいることなどから、クラスターとは認定されていない。

 東員町では、クラスターが発生した東員病院で、新たに入院中の80代男性2人が陽性に。8日に受けた検査ではいずれも陰性だったが、21日なって発熱の症状が出たため、再度検査を受けていた。