名張市で毎年恒例の「名張桜まつり」を主催する名張桜まつり実行協議会は12月22日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来年3月から4月に開催を予定していたイベントを中止にすると発表した。 今春のまつりは25年で初めての中止を決めており、2年連続となった。【過去の桜まつりの様子=名張市夏見で】

 まつりは毎年、同市夏見の名張中央公園で開催。公園内の一部を歩行者天国にし、道沿いの桜並木に提灯を設置していた。また、4月には1日限定で模擬店や地元ダンスグループのステージ、フリーマーケットなどのイベントもあった。

 同実行協議会の松田淳子さんは「楽しみにしてくださった皆さまに申し訳ない。今は再来年以降の開催につながる取り組みができれば」と話していた。