百五銀行(本店・津市)は、名張市内に事業所を置くガス工事会社「中西商会」が発行した同行の「百五SDGs(持続可能な開発目標)私募債」の手数料の一部を活用し、伊賀地域で障害者施設などを運営する同市の社会福祉法人「名張育成会」へ電気機器を寄贈した。【贈呈式の様子=名張市桔梗が丘1で】

 同私募債は、地域貢献を考える発行企業が指定する寄贈先(教育・福祉機関、公益法人など)に物品を寄贈する仕組み。私募債の発行は9月下旬で、12月21日には同行桔梗が丘支店(前川暁支店長)で贈呈式が開かれ、契印機1台とヘッドセット一式の目録が同法人の市川知恵子理事長に渡された。

 市川理事長は「利用者・入所者を始め運営施設での感染予防のため、この1年をかけて必要な用品を整備してきたところ。リモート会議に使う機器もまだ不足しているので、大事に使わせて頂きたい」、同社の河村卓勇社長は「約半世紀にわたり名張を中心に事業を続けてきたので、何か役に立てることはないかと考えてきた。これからもSDGsに取り組む気持ちを持ち続けてやっていきたい」と話した。