名張市教育委員会は12月21日、市立美旗小学校(全校児童368人、15日現在)児童1人の新型コロナウイルス感染が判明したとして、同小を22日に臨時休校すると発表した。

 同市教委によると、21日昼前に家族から学校に児童の陽性判明について連絡があったという。この児童は、陽性が判明した家族の濃厚接触者として検査を受け、この日は休んでいた。

 学校の消毒後、終業式のある23日はこの児童の所属学級を除き、同小を再開する予定で、市教委は文書で保護者に報告、市のホームページで同小の臨時休校について情報を掲載した。

 県薬務感染症対策課によると、同市の児童の感染を把握しており、県からの発表は22日を予定しているという。