介護に関する基本的知識を身に着け、業界参入のきっかけにしてもらおうと、三重県社会福祉協議会は、インターネットで受講する「介護に関する入門的研修」の参加者を募っている。参加無料。

 対象は県内在住で介護に興味がある未経験者。介護保険制度や認知症予防、障害の基本的知識など6科目を学ぶ。受講者は動画投稿サイト「ユーチューブ」で、来年2月26日まで限定公開される講義動画を各自で視聴し、講座終了後に感想をレポートにまとめ提出する。受講する科目を選択できる「テーマ別研修」も企業や団体を対象(5人以上の参加が必要)に募集している。

 県社協の福祉人材センターは「近年、高齢者が増える一方、介護職員は人手不足になっている。研修を通して業務に携わる不安を少しでも解消できたら」と話す。

 入門的研修の希望者は同5日、テーマ別研修は同12日までに同会ホームページ(http://www.miewel-1.com/jinzai/senior/)からダウンロードした専用の申込用紙に必要事項を記入し、「〒514‐8552津市桜橋2丁目131 三重県福祉人材センター」宛に郵送かファクス(059・222・0170)する。定員150人に達し次第締め切る。

 問い合わせは同センター(059・227・5160)まで。