四日市市は12月9日、市内に住む10歳未満の 男子 小学生が新型コロナウイルスに感染してることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ175人、県内では延べ968人となった。

 発表によると、この小学生は3日に感染が確認された女子高校生の同居家族で、濃厚接触者として検査を受けていた。4日の検査では陰性だったが、6日にせきや嘔吐の症状が出現し、7日に38・3度の発熱があったため、市内の医療機関で再度検体を採取。検査の結果、陽性が確認された。最終登校日は12月3日で、現時点で濃厚接触者はいないという。

 また、感染が確認されたとして名古屋市から発表のあった20代の会社員男性が、検査結果判明時に四日市市内に滞在していたことから、県外事例として発表された。四日市市と三重県の感染者数には含まれない。