三重県は12月4日、伊賀市3人、名張市1人を含む県内で計20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これまでに雇用経済部の職員4人の感染が確認されていた県庁では、8階フロアの同部署に勤務する職員4人が新たに陽性と判明し計8人となり、県内16例目、都道府県庁では沖縄県に次いで全国2例目のクラスター(感染者集団)に認定された。同日の感染者は四日市市発表分(2人)を含め22人、延べ927人となった。

 県によると、伊賀市の3人は、滋賀県内の感染者と職場の同僚で接触者調査を受けていた40代男性(会社員)、ともに県外訪問歴のある60代女性(会社員)と同居家族の70代男性(無職)。60代女性は同居家族や職場関係者ら15人以上が濃厚接触者または接触者となっている。同市の感染者発表は9日連続となった。

 名張市の40代男性(会社員)は11月22日に発症後、37、38度台の発熱やせき、下痢などの症状が続き、4つの医療機関を受診するなどし、医療機関関係者計7人が接触者に挙がっている。同市の感染者発表は11月24日以来10日ぶり。

 県庁のクラスターで新たに陽性となったのは、津市の40代男性と50代女性、桑名市の50代男性、愛知県在住の50代男性で、いずれも8階東側の同部署フロアで勤務。うち2人は無症状だが、濃厚接触者は同居家族ら計8人、接触者は同僚ら計9人が判明している。津市の40代男性の同居家族で同じく県庁の他部署に勤務する40代女性、11月30日に陽性が確認された津市の30代女性職員の同居家族の未就学女児も陽性となった。

 この他、桑名市では、1日に陽性が判明した20代男性が勤務する市内の介護施設で、濃厚接触者として検査を受けていた入居者のうち80代の男女2人の陽性が確認された。ともに無症状で接触者はいないという。同市ではこの他、50代女性(パート従業員)、10代男性(会社員)も感染が確認された。

 鈴鹿市では、30代男性(会社員)と、濃厚接触者として検査を受けていた40代の無職女性2人の計3人、菰野町では40代男性2人(いずれも会社員)、津市では濃厚接触者だった30代男性(自営業)1人の感染が判明した。