四日市市は12月4日、市内に住む30代の会社員男性と10代の女子高校生の2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ169人、県内では延べ907人となった。

 市によると、30代男性は県内で運送業に勤務。11月27日に38度の発熱や頭痛、味覚・嗅覚異常が出現し、28日に市内の医療機関を受診。30日にはせきの症状が出現し、12月1日に再度医療機関を受診後、別の医療機関を受診して検体を採取した。翌日には下痢の症状が現れ、3日に陽性が分かった。11月15日には家族とともに滋賀県を訪問していたといい、現時点では家族1人が濃厚接触者に特定されている。現在は頭痛は消えたものの、せきと味覚・嗅覚障害は継続し、県内の医療機関に入院調整中だという。

 高校生は11月18日に感染が確認された桑名市の高校生の濃厚接触者で、同20日に検査で陰性が確認されたが、同29日に37度の発熱、倦怠感、関節痛、味覚、嗅覚異常が出現し、30日にはせきの症状もあったため、12月1日に市内の医療機関で検体を採取。3日には解熱はしたが、検査の結果、陽性が確認された。11月16日から18日は登校したが、濃厚接触者に特定された時点で2週間の自宅待機となり、健康状態を毎日保健所へ報告。相談する中で症状が出たため、検査を受けたという。現時点で家族6人が濃厚接触者に特定されている。