四日市市は12月1日、市内在住で名古屋市内の学校に通う10代の短大生の女性と、10代の介護施設職員女性の計2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ161人、県内では延べ860人となった。

 市によると、短大生は11月28日にのど違和感、翌29日に38・4度の発熱と倦怠感が出現。30日に市内の医療機関で抗原検査を受け、陽性が確認された。同23日から27日に登校、28日には市内の運動施設でアルバイトをし、29日は友人1人と愛知県内を訪問していた。日常的にマスクを着用し、通学時は公共交通機関を利用していた。濃厚接触者は家族3人と友人1人。

 介護施設職員の女性は、社会福祉法人風薫会が運営する特別養護老人ホーム「風の路」(四日市市塩浜栄町)に勤務。11月27日にのどの痛み、同29日には38・2度の発熱、せき、鼻汁と鼻閉、倦怠感が出現した。30日には39度を超え、市内医療機関を受診。抗原検査の結果、陽性が確認された。25日に名古屋市内の娯楽施設を友人2人と利用し、26日には出勤した後、自宅で友人3人と飲食をともにした。27日には名古屋市内の外娯楽施設を友人2人と利用し、28、29日は出勤していた。外出時には自家用車を利用し、日常的にマスクを着用していた。現時点では家族1人と友人5人の計6人が濃厚接触者に特定され、施設関係者42人に検査を実施するという。