名張市は11月30日、来年2月28日に開催予定だった「第35回青蓮寺湖駅伝競走大会」の中止を発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、参加者や運営スタッフなどの安全確保が難しいためという。

 市市民スポーツ室によると、青蓮寺ダム付近を発着し、ダム湖を周回する同駅伝には、毎年地元の中高生や市民ランナーが数多く参加しており、前年度は市内外の計66チームが出場。今年度は募集開始前だった。