加齢で心身が衰え、介護が必要なる手前の状態「フレイル」(虚弱)になるのを防ぐ講座「元気でハッピーin名張」が12月5日午後1時30分から、名張市武道交流館いきいき(蔵持町里)で開かれる。参加費500円。

 松阪市の平岡健康開発研究所所長の平岡令孝さんが「フレイルは予防も改善もできる」と題し、1時間の講演をする。自宅でもできる効果的な運動の方法を、参加者と一緒に体を動かしながら学ぶ。平岡さんが会長を務める三重健康保持増進会の名張支部が主催。

 同支部代表の西中清美さんは「コロナ禍で高齢者が運動をする機会が減るなか、個人でできる体操を覚え、筋力低下防止につなげてほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは西中さん(090・7910・6612)まで。