三重県は11月20日、伊賀市の10代から70代の男女9人など4市町で計17人(京都府在住者1人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市では陽性者の接触者調査で女子中学生1人の感染が判明し、県内10事例目のクラスター(感染者集団)となった市内の運送会社では新たに従業員ら4人の感染が確認された。県内の感染者数は、同日の四日市市発表分(1人)を含め18人、延べ684人となった。

 県によると、クラスターが発生した運送会社「小田忠運輸」(伊賀市小田町)では、16日に1人、18日に4人の陽性が判明。その後の接触者調査で、運転手や事務員、役員ら計49人にPCR検査を実施したところ、新たに市内在住の50代男性2人と60代男性、京都府在住の60代男性の計4人が陽性、残る40人は陰性が確認された。県では引き続き接触者調査を進めている。

 伊賀市教育委員会によると、陽性が判明した女子中学生は、18日に陽性がわかった薬局事務員の50代女性の同居家族で、崇広中(同市上野丸之内)に在学。同中は20日を臨時休業とし、学校施設の消毒作業を実施した。これまでに学校関係者169人がPCR検査を受けたという。

 同市では他に、18日に陽性が判明した80代男性と40代女性の接触者調査で、60代男性(個人事業主)と70代女性(無職)の2人が陽性と判明。新たに40代女性(会社員)、60代男性(無職)と同居の70代女性(パート従業員)も感染が確認された。

 この他、桑名市では20代男性、同女性、50代男性、同女性の4人、津市では60代男性、同女性の2人、菰野町で40代女性1人が陽性と確認された。