相好体操クラブに所属する選手で、12月10日から群馬県高崎市で開かれる「全日本体操個人選手権」に2年連続出場の平野竣介さん(24)と、9月にあった「全日本シニア体操競技選手権大会」の種目別跳馬で2度目の優勝を果たした安里圭亮さん(27)が伊賀市役所を訪れ、それぞれ報告した。【相好体操クラブの平野さん(左)と安里さん=伊賀市四十九町で】

 出身は平野さんが京都府綾部市、安里さんは沖縄県北中城村。2人は大学を卒業後、同クラブの伊賀教室(伊賀市服部町)で子どもたちを指導している。

 平野さんの目標は個人総合での決勝進出だ。種目別でも「あん馬とつり輪で入賞を目指したい」と抱負を話した。3年ぶりの優勝だった安里さんは「何とか結果が出せた。求められるのは技の質。着地まで完璧にしないと次に進めない。その練習をやっていく」と語った。