女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は11月8日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場でアルビレックス新潟レディースと対戦し、0-1で敗れた。

 失点は前半11分のセットプレー。ハーフウェーライン付近からのロングボールがくノ一守備網の背後でワンバウンドした後、動き出しで勝った新潟の選手にフリーで蹴り込まれた。

 くノ一は6試合連続で勝ち点がなく、通算戦績は16試合終了時で3勝2分11敗。順位は前節から変わらず10チーム中9位。試合後、大嶽直人監督は「まだまだ大事な局面での甘さ、チーム力、読む力が足りなかった」とコメントした。

 この日は首位の浦和レッドダイヤモンズレディースが13勝目を挙げ、優勝を決めた。今季は残り2試合で、14日の次節は神奈川県の相模原ギオンスタジアムでノジマステラ神奈川相模原と対戦する。