任期満了に伴う伊賀市長選挙が11月1日、告示された。立候補者は届け出順に新顔で日本共産党公認の元障害者施設職員、釜井敏行氏(38)、3期目を目指す現職で無所属の岡本栄氏(69)、新顔で無所属の元伊賀市議、森川徹氏(43)の3人で、各候補者が市内で出陣式を行い、1週間の選挙戦がスタートした。【伊賀市長選に立候補した(左から届け出順に)釜井氏、岡本氏、森川氏】

 期日前投票は、市役所本庁が2日から7日まで。他の会場は5日からで、いがまち女性センター(下柘植)▽島ヶ原支所1階(島ヶ原)▽阿山保健福祉センター(馬場)▽大山田福祉センター(平田)▽青山公民館(阿保)の5か所。時間はいずれも午前8時30分から午後8時まで。

 投票は8日午前7時から午後7時で、投票所は市内98か所に開設される。開票はゆめドームうえの(ゆめが丘1)で、開始は午後9時。

 10月31日現在の選挙人名簿登録数は7万3172人。