名張市の景勝地、赤目四十八滝渓谷(赤目町長坂)で10月24日、ライトアップイベント「幽玄の竹灯」が始まった。来年1月末まで開かれる。【(左写真)点灯した竹あかり(右写真)「赤目四十八滝」の文字が浮かび上がる竹灯籠=名張市赤目町長坂で】

遊歩道脇に並ぶ竹灯籠の数々=同

 ライトアップは毎年実施されていたが、今年は市や名張商工会議所などでつくる「市エコツーリズム推進協議会」が協力し、規模を拡大。同協議会主催のワークショップに参加した市民らが無数の穴をあけて作った大小約1000本の竹灯籠(とうろう)などが、滝の入り口から不動滝までの遊歩道と赤目自然歴史博物館付近に設置された。

 霊蛇滝広場であった点灯式では、カウントダウンの掛け声とともに子どもらがスイッチを押すと、渓谷に幻想的な光景が広がった。竹灯籠は川の中にも設置され、穏やかな光が水面に反射して揺れていた。

 イベントは午後4時半から同8時まで。入場料は高校生以上600円、小中学生300円で、入山料(高校生以上500円、小中学生250円)が含まれている。期間中はキッチンカーなどの出店もある。

 問い合わせは赤目四十八滝渓谷保勝会(0595・41・1180)まで。

水面に反射する竹灯籠の明かり=同