三重県は10月22日、桑名市と鈴鹿市の男女3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。いずれも詳しい感染経路はわかっていない。県内の感染者は延べ554人となった。

 県によると、桑名市の50代無職女性は肺炎の症状で入院後、検査の結果、陽性が判明した。現在は別の病院に転院しており、重症だという。同市の60代会社員男性は愛知県内で勤務し、東京都にも訪れていた。2人とも同居家族1人が濃厚接触者として特定されている。

 鈴鹿市の60代会社員男性は建設業の職場に勤務。県内の仕事先を複数訪れており、同居家族や親族の他、職場関係者8人が接触者として特定されている。